インポテンツもEDも意味合いは一緒

インポテンツもEDも意味合いは一緒で、立たない、できないという意味合いです。
ところがインポテンツとEDではニュアンスに違いがあります。
インポテンスの症状を示すインポテンツという言葉には陰部の萎縮が原因による性的に不能であるというニュアンスが強く見られます。
インポテンツという言葉が性的不能者を意味しますから、どうやっても性交が不可能であるということになります。
不能であると断定された言葉であることから不治ものもだというニュアンスがあります。
昔はEDという言葉が一般的ではなかったためインポはすなわち、もう治らないと宣告されような絶望感を与える言葉だったのです。
EDは勃起障害や勃起不全という意味ですので、不能かどうかは程度の問題ということになります。
EDは絶対的に不能というわけではないため改善する場合があります。
治療ができる可能性があるため希望が持てます。
EDは心理的な要素が原因の場合や、身体的な要素が原因の場合があります。
また心理的な要素と身体的な要素の両方が原因の場合もあります。
加齢がもとのEDは、ストレスなどの心理的な要素の原因よりも、神経や血管、組織、ホルモンなどが変形、変性する身体的な要素が原因のEDの方が格段に多く、バイアグラなどのED薬で効果的な治療ができます。
ストレスが原因だから勃起不全の治療は難しいのではないかと思っていたのに、バイアグラを服用したら、すぐに勃起したということはよくあります。
インポテンツは不能を意味しますが、EDは障害を意味します。
EDすなわち勃起障害はバイアグラなどといったEDの治療薬を飲むことで治療できます。
EDは障害の程度問題によるところが大きいので克服できる症状なのです。

日本のインポテンツの人数

勃起障害をインポテンツと呼ぶこともありますが、そのインポテンツになっている人は日本国内では、おおよそ1000万人いるとされています。
日本の人口が一億人ですから、10人に1人はインポテンツという計算になります。
ただ女性も日本の人口には含まれているため、男性に限ったインポテンツは全体の40%程いるとも言われます。
特に年を取れば取るほどインポテンツになる人が多くなる傾向にあり、それは男性特有の悩みになることも多いです。
また、約2000組夫婦を対象にした調査によると、約30%がその系ケインが有るとそれています。
特にインポテンツになってしまって、夫婦の性生活が減ったりおろそかになってしまうと、それは夫婦関係にも影響を与えることがあります。
ですので、インポテンツになってしまった方は、その治療を受けることが大切です。
ちなみにインポテンツは医師から診断されなくても、普通に勃起をすることが出来ない状態ならばその病気と言えます。
そして治療方法は原因が何処から来ているかによって違ってきます。
例えばその原因が精神的なストレスなど心の問題で勃起しなくなってしまった場合は、勃起不全治療薬を利用する他に、専門医師のカウンセリングを受けて治療する方法があります。
男性ホルモンなどが減少して勃起障害になった方は、男性ホルモン補充治療というものもあり、利用している方もいます。
日本人男性の中でもかなりの人数がその症状に悩んでいる現状があります。
多くの人が悩んでいますので、その治療を恥ずかしいと考えてしまう方は恥ずかしがらずに、医療機関を受診してその治療を受けましょう。
また、治療薬の中には治験試験で高いパーセンテージで、症状が改善したという薬もあります。

インポテンツは薬で改善

インポテンツ(勃起障害)は、勃起が全く起こらなくなったり、健康な人と同程度に勃起の状態を持続されられなくなる病気としてよく知られています。
男性器の働きは加齢に伴い衰えていくため、インポテンツも社会で広く認識されるようになるまでは加齢に伴う現象だと考えられてきましたが、医療の発展に伴ってインポテンツも疾病の一つと認識されるようになり、現在に至っています。
現在、インポテンツは専用の治療薬を用いて改善することができます。
勃起は、陰茎付近の血管の平滑筋が弛緩して、陰茎への血液の流入が活性化されることが原因となって起こります。
この平滑筋が弛緩する働きにはcGMP(環状グアノシン一リン酸)と呼ばれる物質が関与しているといわれていますが、この物質はPDE5(ホスホジエステラーゼ5型)と呼ばれる酵素によって代謝されてしまいます。
健康な人はcGMPとPDE5の濃度はバランスよく保たれていますが、インポテンツの人はcGMPの濃度が減少していてバランスが崩れた状態になっています。
そこで、PDE5の働きを阻害することによって、cGMPの濃度の減少を抑え、これによって陰茎の機能を正常時とほぼ同程度までに改善させる薬が開発されるようになりました。
これがインポテンツの治療薬として現在主流となっているPDE5阻害薬と呼ばれるものです。
PDE5阻害薬は服用後1時間以内に効果があらわれるようになっており、性行為を行う1~2時間前に服用することで十分な効果を得ることができます。
薬の効果は短くて5時間程度、長く持続できる製品だと36時間程度持続します。
なお、患者によっては頭痛や火照り、めまい、動悸などといった副作用が発現する可能性がある作用の強い薬であるため、用法と用量は必ず守った上で服用するようにしなければなりません。
■おすすめのクリニックはここ
ED治療に最適なクリニック
■EDも自宅で治す!
バイアグラ 通販
■ジェネリックで安く手に入れる
カマグラ