女性の生理とインポテンツの見分け方

女性の体は男性以上にバイオリズムによって影響を受けています。
しばしば女性がヒステリックになる原因は、生理周期によるものとされ、バイオリズムの波によってご機嫌が変わるのです。
生理の時期は意味もなくムカムカ、イライラすると話す女性も多く、
そういった時はたとえ旦那や彼氏であったとしても、あまり干渉しない方が良いでしょう。
また生理の時期は女性の心身的にセックスが不向きな時期ですので、無理な性行為は裏目に出ます。
そもそも生理の時期は性行為に不向きですので、男性サイドは一定の距離を取り、性欲が高まって仕方ない時は自慰などで解消するのがベストです。

ただ、バイオリズムの流れによって性機能が変化するのは男性も同様です。
季節の変わり目などは男性もうつ状態になりやすく、一時的なインポテンツになります。
一時的なインポテンツと恒常的なインポテンツは一見似ていますが、見分け方があります。
前者は休息や睡眠、または時間経過で回復しますが、後者は半年、一年と経過しても改善が見られません。
また恒常的なインポテンツは中折れや早漏が頻発するため、そういった見分け方も出来ます。
恒常的なインポテンツの原因は様々ですが、肉体疲労とストレス、老化による影響が考えられます。
老化自体は克服出来ませんが、他の二つは自力で改善可能です。

しかし、自分自身のペニスについては、なかなか客観的に見られません。
見分け方が難しい際は、パートナーである彼女や奥様に聞いてみましょう。
「そういえば若い頃に比べて亀頭の硬さが減った」や「最近セックス頻度が激減しているわね」や、
「中折れで毎回セックスが止まっている」等の指摘を受けた場合は、恒常的インポテンツの恐れが高いです。